FC2ブログ

記事一覧

シェフの腕を楽しめた夕食♡




line-wald.jpg 
2013  山歩き Aug. 11 teil-2


軽く散歩の予定が、しっかりハイキングになって、当然夫婦ともに腹ペコ状態。昼食もそんなに歩くつもりではなかったので、非常に軽くしか食べなかったのでなおさら。

部屋でお風呂に入り、シャンペン飲んですっかりいい気分。

さらに、バーでウェルカムドリンクがいただけるんだと・・・
レストランにたどりつけるのか(笑)

1308112a.jpg 

カウンターも贅沢に全てアルフェで作られてます。

1308112b.jpg

こちらの写真はシェフのお兄さんの作品。ホテルの他の部分にもいくつか飾られてありました。

1308112c.jpg 


1308112d.jpg 


1308112e.jpg

木の切り株がテーブル。アペロ用のプレートも。どちらもアルフェです♡
このプレート持って帰りたかった^^;

1308112f.jpg 


さて本日のレストランは Vivanda
ホテルの地下部分になり、景色はないけれど、ひんやりと涼しい。壁は全て石です。

1308112g.jpg


1308112h.jpg 

8品のコース(ここはこのコースのみ)
何が出てくるかはお楽しみ。
(予約時にアレルギーや苦手なものがないかを確認されました。心配りも嬉しい^^)

1308112i.jpg


1308112j.jpg 

左:直径3cm位のプチブリオッシュ。容れ物は。。素焼きの植木鉢^^

中:パンはこれまた一口サイズなんだけどしっかり熱された石の上に。時間がたってもあったか~い。おかわりしちゃったよ~。

右:バター。トリュフ入りとポートワイン入り。

1308112k.jpg 

選んだのはグラウビュンデンのピノ・ノワール
Annatina Pelizzatti,  2010  Barrique  Jenins



Amuse-bouche
シイラ。トマトのソース。ソースといってもあわあわでふわふわのソースでこちらではよくみかける
Schaumsauce。Schaumは泡のことです。
生のトマトとドライトマトでしっかり味。黒オリーブをカラッと焼揚げてあってこちらも◎

1308112l.jpg 


1308112m.jpg 


1品目
仔牛のステーキ  ホルンダー(エルダーフラワー)シロップに浸したネギとアプリコット添え

1308112o.jpg 

2品目
レンズ豆のスープ(グラスの蓋をとってないので見えにくいかも)ハトの肉と桃 クリームソース添え

1308112p.jpg 


3品目
ヒラメ もやしとセイヨウスグリ

1308112q.jpg 


4品目 たまご焼
??でしょ。
シェフ曰く日本の玉子焼きをイメージして、何層にも重ねたもの。ふわふわではなくしっかりしてます。お味はちょっぴり醤油?を思わせる塩味きいてました。

1308112r.jpg 

ここで私はきのこ類ときのこの土? 聞き違いじゃないのよpilz (きのこ)erde(土壌・土)とシェフは言ったから。。まぁ、食べれないものが出てくるわけではないから食べましたけど^^シャリシャリ感があって、味はもちろんきのこ^^;

きのこ少し苦手な主人はサーモンにディルソース。

1308112s.jpg 


そしてメインの5品目
牛ステーキとじゃがいものピュレーに薄切りの焼きナス。甘めに味付けてあったけど、わさびが添えてあって これがナイス!
グラウビュンデンの山奥で玉子焼きや山葵をレストランで食べるとは思わなかったけど、やっぱり山奥でもグルメ・レストランだけあるわね・・・レベル高い・・・と思ったのでした。

1308112t.jpg 

6品目 チーズ。
ワゴンででてきてテーブルで選ぶのがよくある形式。ここレストランの壁の一部がくりぬかれたように小さな部屋になっておりチーズが並べられてあって(室温もエアコンで一定にされています)そこで好きなチーズを選ぶ形式。種類も豊富。
すでに満腹になってるのにチーズには目がない夫婦^^
あれも、これもと。。

1308112u.jpg 

7品目
バジルのソルベにココナッツのスープ

1308112v.jpg 


8品目
クレーム・ブリュレ・キャラメリゼ、バニラアイス、ブラックベリー Ovomaltineのクリーム

1308112w.jpg 

ovomaltineは粉状で牛乳に溶かして飲むチョコレートドリンク。
多分スイスでは有名な飲み物(^^)v
私が初めてOVOを飲んだ時の感想は 「これってMilo?」
その昔、ネスレから「つよい子のミロ~♪」という広告で日本で売られていたもの。今はネスクイックかな?
チョコやクッキー、スプレッドといろいろあります。私も毎日OVOは欠かせません~^^
ネスクイックも美味しいけどちょっとOVOとは甘みが違うような気がします。


このあとエスプレッソを頼んだらアペロのときと同じ木製のプレートに小さなラズベリーのコルネが出てきたんだけど。。

「かわい~!! パクっ!
あっ写真忘れた><」

というわけで写真なし。

1品ごとにシェフが直々お料理の説明をしてくれたので、7時に予約していたけど食べ終わったのは11時半。

さすがに朝一の電車にのり、5時間トレッキングしてディナー。
爆睡したのは言うまでもありません。

でも、美味しかった!

10月に(夏シーズンと冬シーズンの間でホテルはクローズ)シェフの1日料理教室があるのだけど、来たいなぁ。でも宿泊必須になるから高くつくね。

mel-logo-steinbock3.jpg 

〈2018年の声〉😍

昨年、またこのホテルへ戻ることができました。
その時の記事はこちら↓

シェフはこの3年の間にGault&Millau の点数も上がり、ミシュランの星も獲得。
この時もすごいな〜と思ったのですがさらにランクアップされていました。
現在ミシュランの星の数を増やそうと頑張ってるとのことでした。実は奥さんの出身地がうちから遠くないこともあって、奥さんは私たちのことを覚えていてくださったのです。

私の写真の腕は今も変わらずトホホなのですが、この時よりカメラが良くなったので(笑)
ちょっとは食レポートもましになってるでしょうかね〜。







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Profil

melmarilyn

Author:melmarilyn
🇨🇭スイスの山に魅せられて山歩き始めました。
🇨🇭夫婦でワイン好き。山歩きの後の楽しみは美味しいワインと食事。
飲兵衛夫婦の山&食日記です。

🇨🇭Steinbockはアルプス山脈の主に標高高い岩山に生息するアイベックスのこと。『山歩く体力があるうちに一度は野生のシュタインボックにお目にかかりたい❤︎』が現在の動力 ^^

🇨🇭根っからのアウトドア派ではなく、本当は(?)インドア派。映画大好き。主人のDVDコレクションは!(◎_◎;)本。歩けなくなっても共通趣味は残ってる?😅

Kalender

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -