三年に一度のワクワク😍

melmarilyn

今年の夏は3年に1度開催される
ESAF
Eidgenössisches Schwing-und Älplerfest*連邦シュヴィンゲン・アルプス祭)
の年でした。

長いので適当にスクロールしてくださいね〜♪

1895年に始まったそうです。
Schwingen*シュヴィンゲンの連盟は現在全国で5つあり、持ち回りでその地域で行われます。
今年はNordwestschweizの番でした。
Schwingenはスイス相撲と訳されることもあり、実際似ているところもあります。
schwingenには振り回すという意味もあるので。

22082812-bild.jpg

違うのは土俵がおがくずなのと、時間の制限があって勝ち・負け・引き分けで5段階の点数がつく
そして多分一番違うのは勝つためには相手の両肩を地に付けなければならないということです。
足の裏以外が土に触れただけで負けになる相撲とは違いますね。

22082811-bild.jpg

今年の参加者は274人。補欠31名。
各連盟から成績の良い選ばれたschwingerがこの全国大会に出場できます。
土曜日に4回戦、日曜日に4回戦。
初日は全員ですが二日目からは得点によって人数が減らされていきます。
7回戦が終わった時点の得点で上位2名だけが他の8回戦の終了後
Schlussgangと呼ばれる王者決定戦(16分)を戦えます。

これが今回の会場。バーゼル州のPratteln
22082810-bild.jpg

私が初めてESAFを見たのは2010年。
その時の優勝者はこちら。
その後、彼を追って(笑)夏にテレビで放送される地域大会は結構見てました。

Wenger, Kilian*ヴェンガー・キリアン (schwingenでは苗字、名前の順で呼ばれます)

この時20歳。8戦8勝で他の優勝候補をおさえ、突然彗星の如く現れた彼。
17〜18歳でこのアルプフェストへのデビューが多いのできっとノーマークだったろうな。
そして大会3冠してた王者をもこの時、彼は負かしたのでした。

22082801-bild.jpg

Schwingerkönigとなった勝者にはMuni(雄牛)が贈られます。もちろん他に賞金も😊
そしてスポンサーもつく。

22082802-bild.jpg

現在も彼は現役。2児のパパです。
でも多分今年が年齢的にも最後の大会かな。

22082803-bild.jpg

その後3年に1度の全国大会は毎回見るようになりました。
2013年、2016年の王者はすでに引退しましたが(怪我などもあって)
この方は今も現役の前回のKönig⏬

Stucki, Christian*シュトゥッキ・クリスチャン
実は上記の↑Wenger, Kilian が優勝した年から優勝候補だったのですが
なかなか勝てませんでした。念願を果たした2019年、彼は34歳。
歴代Königで最年長。
実は彼、日本で関取と一緒にトレーニングしたこともあるそうです。

22082804-bild.jpg

そして今年の大会で私が注目していた2人。
ここ2回ほどの大会で注目されていた若手数人のうちに入ってました。

Wicki, Joel*ヴィッキ・ジョエル 25歳

22082805-bild.jpg

Giger, Samuel*ギーガー・サミュエル 24歳
いや〜この腕!私の太ももよりも絶対に太いわ・・・😱

22082806-bild.jpg


Wickiは実は前回のSchlussgangで敗れたのでした。
Wickiは小柄なんですよね。。。
と言っても183cm, 110kgですから決して普通の生活では小さくはありません。
というより、でかいよね。
でも190cmを超える大男が集まるSchwingen(ちなみにStückiは198cm、140kg)180cm台は
やっぱり小柄になるし、小さく見えます。

22082808-bild.jpg

でも、その小柄(いや、十分大きいけど🤣)な、体型を活かした素早い取り組みが彼の持ち味。
普通は何回戦かによって時間が6分〜10分と違うのですが、滅多に時間いっぱい戦うことなく勝利。
むしろ秒殺🤣

でも今回の最終戦は16分。両者とも強くかなり時間かかっていました。
勝負がついたのは12分41秒。

22082814-bild.jpg

最後は二人ともリングで仰向けに〜♪戦い疲れた〜って感じでした。

22082807-bild.jpg

競技が終わった後の撮影です。Muniと一緒。今年のMuniの名前はMagnusですって。
ちなみにこの雄牛はそのまま自分で持っていることもできますが、農家でないとやっぱり難しいので
返す人も多いとか。預けて面倒見てもらう人もいるそうです。
そしてこのクランツ。この大会での他の成績上位者にも贈られますが
このクランツをいくつ持っているかで、schwingerとしての格も違ってくるそうです。
スポンサーがたくさんついたりもするんだろうな〜
州・連盟・連邦と3種類の大会のクランツ。特に連邦のクランツは3年に1回しかもらえないから
今回7つ目を獲得したStuckiはやっぱり偉大なSchwingerの一人ですね。

22082809-bild.jpg

次の大会までまた3年。待ち遠しい〜♪

次回はGiger, Samuel の番かな〜😊😊ちょっと期待♡
年間勝利数はここ2年ランキング1位なんですよね。
どうもESAFでは・・プレッシャーがかかりすぎるのかしら。

ESAFは3年後だけど、州や地域ごとの大会は毎年あるので楽しみです♪

ところで、勝利インタヴューの中で、
『明日はどう過ごしますか?』の答えにWickiは
『仕事です』と答えていました。

何億もの契約金をもらえるサッカー選手とは違い、
シュヴィンガーはほとんどの人が、普段は他の職業についています。
この連邦大会で優勝すればスポンサー契約もつくけれど、
それだけで以後、生計を立てることはまず無理だそうです。
仕事とトレーニングの両立、そして今後3年はSchwingerkönigとしてスポンサーとのお仕事も
怪我なく頑張ってほしいです😊

(本日の写真はネットから借用しました)


logo-mm44.jpg


















関連記事
Posted bymelmarilyn

Comments 0

There are no comments yet.