Wengen⑦ Tag-3 Schreckhornhütte*シュレックホルンヒュッテを目指して⛰山岳コースに入る

melmarilyn




line-wald.jpg
13-08-2016 teil-2





さてここからは白・青・白のAlpinroute*山岳ルートです。

レベルだとT4になるので今まで歩いた中でもかなり上位の難易度コース。
果たしてヒュッテまでたどり着けるのだろうか?
距離にしたら17kmとそれほどでもないけれど標高差1500mはかなりの登り😆

サクサク歩けるところはテンポを上げて歩かないと帰りの最終ゴンドラに間に合わないかも。
ただ、サクサク歩けるところが少ないから山岳コースよね😅

ベーレックのレストランを後にして歩き始めます。
かなり小さくなリました。

1608132a.jpg


1608132b.jpg

下の方の氷河はかなり土をかぶって茶色くなってますね。

あの4人組が少し先に見えるけど今度は私たちが追い越して行きます。どうやら膝あたりまでの高さの草にミニスカート姿の女性が苦戦してるようです。虫も多いし岩もゴツゴツ。生脚は山登り向きでないよね。

さらにベーレックが小さく上に見えます。結構下ってきてますね。

1608132c.jpg

まだまだ下ります。

1608132d.jpg

そうなよね〜。レストランは結構高い位置にあって、目指すヒュッテはこれからさらに登るはずなのにまずはどんどん谷へと降りて行く・・・
ということは、それ以上にまた登るってことよね・・😅
なんか不安になって来た😱
本当に行けるのかしら・・・


でも氷河を見ながら歩くのはウキウキします。
ここも随分後退しているのはよくわかります。

1608132e.jpg


1608132f.jpg


1608132g.jpg

さらに下って行来ます。

1608132h.jpg

この白・青・白のマークを探しながら歩きます。



別の氷河が前に見えて始めてきました。
それにしても今日はいい天気。日差しが熱い。

1608132i.jpg

谷を挟んだ氷河をずっと横に見ながら今度は上る・上る・上る

1608132j.jpg


1608132k.jpg


1608132l.jpg


1608132m.jpg

はっきり言って途中の景色を撮ってる余裕はないんだけどね〜😣

1608132n.jpg


でも随分上りました。


1608132o.jpg


ファウルホルンがはるか向こうに。そしてベーレックのレストランもまた同じくらいの高さに、
でも随分小さく見えるようになりました。

1608132p.jpg


ズームしてみました。

1608132q.jpg


1608132r.jpg


1608132s.jpg


1608132t.jpg


ちょうど氷河を真正面に見えるくらいのところに少し広めの休憩スポットがあったのでちょっと休憩。
途中の道は細いし、急で休憩するには向いてないしね。
まだまだポーズをとる元気は残ってたみたいだ。

1608132u.jpg

さらに歩きます。

1608132v.jpg


1608132w.jpg


1608132x.jpg

Obers Ischmeer*イシュメール氷河が少しずつ近くなってきました♡

と、・・・え〜😩また下り〜 ここまで登ったのに〜。

1608132y.jpg


1608132z.jpg

そして ↓こんな風に岩に打ち付けて止めてある鎖をつたいながら岩場を歩きます。
この谷底には落ちたくないものね。

1608132z1.jpg


1608132z2.jpg


この滝を横切るのは結構緊張しました。かなりの水位になった水たまり&川になっていたので、なるべく濡れてない、でもしっかり安定した岩を探しながら、ぴょんぴょんとテンポよく。


それでもますます近くなる氷河には息を飲むほどです。


さすがにこのコースあまり人がいません。往復で8時間45分。日帰りするには根性いるのは確かよね。
そろそろベーレックから歩き出して1時間半ちょっと。
まだヒュッテの気配は全くありません。
3時間歩いて着かない時は途中でも引き返す予定できたけれど、これだけ歩くとやっぱりヒュッテまで頑張りたいのも確かです。


それにしてもそろそろ白・青・白の道標だけでなくヒュッテのサインが出てきてもいい頃なんだけどなぁ。その時はサインの後の試練?😱をまだ知らない呑気なうちらでした。



mel-logo-steinbock3.jpg



関連記事
Posted bymelmarilyn

Comments 0

There are no comments yet.